太陽光発電はクリーンなエネルギー

原子力発電と太陽光発電、この二つの違いを議論するときに、必ず太陽光発電のメリットとして再生可能エネルギーであることがあげられます。

 

 

この再生可能エネルギーとは一体どういうことを言うのでしょうか。原子力発電に限らず火力発電に関しても言えることですが、この両者は人間が豊かに生活していくために必要な莫大なエネルギーを生み出してくれます。しかし、こうしたエネルギーはあまり好ましくないエネルギーなのです。原子力からは放射能が、火力発電からは二酸化炭素が出ているからです。放射能に関しては、日本人は奇しくも馴染みのあるものになってしまいましたが、火力発電から発生する二酸化炭素というのは、はっきり言って猛毒なのです。二酸化炭素というのは地球温暖化の最たる原因ですし、この二酸化炭素が環境に悪影響を及ぼすことはほとんど証明されています。しかも、世界的にも二酸化炭素を減らそうと言う運動が起きている中で、日本だけがその逆を行くのは時代に逆行しているとしか言えなくなってしまいます。そこで登場したのが、再生可能エネルギーを利用した太陽光発電なのです。太陽光発電のメリットは、環境に対して全く害のないことです。再生可能エネルギーとは、自然から貰えることの出来る半永久的なエネルギーの事を言いますので、貰える元となるエネルギーが自然界から吸収したものである以上、環境に対するデメリットが0に近いのです。太陽光発電のメリットは自然エネルギーというクリーンなエネルギーを使うことにあります。この分野が発展すれば、まさしく安心で安全な社会を作ることができるのです。これほど魅力的な発電システムは他にはないでしょう。

TOPへ戻る