再生可能エネルギーでは最も高い

2014年11月13日 / 未分類

太陽光発電の効果は、再生可能エネルギーの中で最も高いものの一つです。

 

自然の力を借りた再生可能エネルギーは、太陽光発電のほかに風力発電や水力発電が例として挙げられます。

 

しかし、この二つはそれほどの力を持っていません。風力発電に関しては、太陽光発電の効果との比較でほぼ立証されています。都市部の住宅にソーラーパネルを設置し、全家庭が生み出すことの出来る電力と風力発電で生み出した電力のどちらが上かという試算を出したところ、太陽光発電の電力供給量が風力発電を上回ったと言うデータが出ています。しかも、太陽光発電の方は一般住宅の屋根を利用したと仮定したもので、国家レベルで導入した事を想定していません。つまり、最低限のレベルの太陽光発電の電力供給量ですら、風力発電に匹敵するほどのポテンシャルを秘めているということになります。そして、太陽光発電と比べて水力発電に関しては、その効果が疑問視されているどころか、その利用自体が現実的ではないと言われています。それは、大規模なダム建設が出来ないからです。日本は山間部がほとんどですので、ダムを作るのならばまずはそのための土地開発から始めなくてはならず、それを建設、維持していくためには、その費用がものすごいことになってしまいます。結局、太陽光発電の効果は他の再生可能エネルギーよりも遥かに効率が良く、しかも電力の供給量も他に比べて圧倒できるものだと言えるのです。現在では、こうした太陽光発電が簡単に家庭に導入できる時代になっています。その効果は国のお墨付きですので、興味のある方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る